ローコードテスト自動化ツール T-DASH

コマンドライン実行機能でQualityTrackerにテスト結果を登録してみよう

はじめに

T-DASHは、コマンドライン実行機能でも、弊社のテスト管理ツール「QualityTracker (通称、QT [キューティー] )」と連携できます。このページでは、コマンドライン実行機能を使用して、QTと連携するための設定方法について説明します。QTと連携することで、より効率的にテストを管理しましょう。

ゴール

T-DASHのコマンドライン実行機能で実行したテスト結果をQTに登録できる

前提

1. コマンドライン実行環境に関して

  1. コマンドライン実行機能を活用してみよう(CI/CD連携)」の内容を理解している
  2. コマンドライン実行環境のセットアップが終了している
  3. コマンドライン実行機能で使用するためのsyncフォルダを
    コマンドライン実行用プロジェクトフォルダに配置している
    ※コマンドライン実行用プロジェクトフォルダ
     %USERPROFILE%\AppData\Local\Programs\T-DASH\projects\commandlinetestrun

2. QTに関して

  1. QualityTracker連携の設定をしよう」の内容を理解している
  2. QTのアカウントを所持している
  3. QTにプロジェクトを作成している

手順

1. QTとの連携設定を整理する

  1. QTサービスで、ワークスペースを確認する
    確認方法:「QualityTracker連携の設定をしよう
  2. QTサービスで、APIキーを確認する
    確認方法:「QualityTracker連携の設定をしよう
  3. QTと連携したいT-DASH上のテストランを決定する
    ※実行対象のテストランの中から一つを選択してください。
  4. 前回連携したテストランに上書きするかを決定する
  5. QTサービスで、T-DASHからテストデータを登録したいQT上のプロジェクトを確認する
  6. テスト予定開始日を決定する
  7. テスト予定終了日を決定する

2. QT連携設定に対応したコマンドとオプション、その引数を整理する

  1. 実行対象のテストラン
    testrun テストラン名A/テストランB/テストランC
  2. ワークスペース
    --qt_workspace workspace
    --qt_workspaceオプションと--qt_apiオプションの両方が使用されていた場合のみ、
     QTと連携処理を行います。
  3. APIキー
    --qt_api dummyApiKey
    --qt_workspaceオプションと--qt_apiオプションの両方が使用されていた場合のみ、
     QTと連携処理を行います。
  4. 連携対象のテストラン
    --qt_testrun テストランB
  5. 前回連携したテストランに上書きする
    --use_existing_test
    --qt_use_previous_testrun

    ※この設定を行うには、上記2オプションを同時に使用する必要があります。
    ※このオプションを使用しなかった場合、新たにテストケースを登録します。
  6. 連携対象のプロジェクト
    --qt_project サンプルプロジェクト
  7. テスト予定開始日
    --qt_scheduled_start_date 2024/05/19
    ※このオプションを使用しなかった場合、コマンド実行日が使用されます。
  8. テスト予定終了日
    --qt_scheduled_end_date 2024/06/01
    ※このオプションを使用しなかった場合、コマンド実行日が使用されます。

3. テストを実行する

  1. コマンドプロンプトを開く
  2. tdash.exeのあるフォルダに移動する
    cd %USERPROFILE%\AppData\Local\Programs\T-DASH
    ※必ず、T-DASHがインストールされたフォルダから実行してください
  3. 手順2で整理したテストラン実行コマンドを実行する
    tdash.exe testrun テストラン名A/テストランB/テストランC --qt_workspace workspace --qt_api dummyApiKey --use_existing_test --qt_use_previous_testrun --qt_testrun テストランB --qt_project サンプルプロジェクト --qt_scheduled_start_date 2024/05/19 --qt_scheduled_end_date 2024/06/01

4. 結果を確認する

  1. QTで連携対象のプロジェクトを開く

コメントする

CAPTCHA