ローコードテスト自動化ツール T-DASH

コマンドライン実行機能でWindowsアプリのテストを実行してみよう

はじめに

T-DASH (Windows版) では、コマンドラインからテストランを実行することができます。コマンドライン実行機能を活用すること、タスクスケジューラを使用したスケジュール実行が可能となります。本ページでは、コマンドライン実行機能を活用して、Windowsアプリのテストを行います。

ゴール

T-DASHのコマンドライン実行機能でWindowsアプリをテストできる

前提

  1. Windowsアプリを所持している
  2. T-DASHからエクスポートされた実行したいテストランを含む、Windowsアプリ用のsyncフォルダを所持している
    syncフォルダについて
  3. テスト実行環境はWindowsである
  4. T-DASH4.2.001Ver以降がインストール済みである

注意事項

  1. コマンドライン実行は同マシン上で同時に1プロセスのみ実行できます。
  2. Windowsアプリのテストをコマンドライン実行する場合、GUIを起動できる環境が必須となります。
    CI/CD連携する場合、それらを整備してください。(サポート対象外)

手順

1. コマンド実行するフォルダに移動する

  1. コマンドプロンプトを開く
  2. tdash.exeのあるフォルダに移動する
    cd %USERPROFILE%/AppData/Local/Programs/T-DASH
    ※必ず、T-DASHがインストールされたフォルダから実行してください

2. テストラン一覧を確認する

  1. 前提2のsyncフォルダを任意のフォルダに配置する
    ※例: ダウンロードフォルダ
  2. フォルダパスを取得する
    ※例: %USERPROFILE%/Downloads/WinAppSync
  3. テストラン一覧表示コマンドを実行する
    tdash.exe show_testrun_win --sync %USERPROFILE%\Downloads\WinAppSync
    コマンドの詳細についてはこちら
    ※表示されるテストランは、手順2-1で配置したsyncフォルダに依存します。

3. テストランを実行する

  1. テスト対象のWindowsアプリを任意のフォルダに配置する
    ※例 ダウンロードフォルダ配下: %USERPROFILE%/Downloads/WinAppSync/SampleWinApp.exe
  2. テストラン実行コマンドを実行する
    tdash.exe testrun_win 対象のテストラン名 --win_app_name Windowsアプリ --win_app_path %USERPROFILE%/Downloads/WinApp/SampleWinApp.exe --sync %USERPROFILE%/Downloads/WinAppSync
    コマンドの詳細についてはこちら
    ※実行可能なテストランは、手順2-1で配置したsyncフォルダに依存します。

4. レポートを確認する

  1. エクスプローラーでレポートフォルダを開く
    ※レポートフォルダ
     %USERPROFILE%\AppData\Local\Programs\T-DASH\projects\commandlinetestrun_win\reports
  2. エクスプローラーでレポートファイルをダブルクリックすると
    ※レポートファイル
     report-実行時刻.html

コメントする

CAPTCHA